-

任意整理とは一般には借金整理というふうにも呼ばれており、それぞれの債権を有する者へ返済を続けることを選ぶ債務を整理する方法のことをいいます。実際としての流れですが司法書士それから債務処理経験のある弁護士お金の貸し手とあなたとの中に立って話し合い法に従って利息の再適用を実行してもう一度計算しなおした借り入れた元金についての利息を少なくすることにより3年くらいの期間で返済していく債務整理の順序です。この任意整理にはいわゆる裁判所などといった公的機関が関係することはないためこれとは異なる処理と比較しても利用した際におけるデメリットがほとんどなく、処理そのものも依頼人にあまり負担になりませんので、ここから考慮しなければならない手順だといえます。また、お金の貸し手がサラ金みたいな大変高額な利息であるなら利息制限法という法律で定められている貸出金利を超過して払った金利は借入金の元金に充当できると判断し借りたお金の元金自体を少なくすることも不可能ではありません。つまりは、サラ金業者などの法外な年利のところに対しある程度長い期間返済しているケースなら期待以上の支払額をカットすることができることもありますし、十数年返している例では借金自体が消滅してしまう場合もあります。任意の整理の良いところについてですが自己破産手続きと違って一部の負債だけをまとめていくことになりますので連帯保証人が付く借入を除き手続きをしていく際や住宅ローン以外について整理していく際などでも活用することが可能になりますし、築き上げてきた資産を手放してしまう義務がないため、投資信託やマンションなどの個人資産を所有しているものの、手放したくない場合においても有力な選択肢になる債務整理の方法になります。しかし、手続き後返済する額と実現可能な所得額を検討して、返済の計画が立つようであれば任意整理の手続きを進めていくことは可能ですが、自己破産と違って返済義務自体が消えてしまうということではないため、借入金の総量がだいぶある状況の場合実際的には任意整理の手続きを踏むのは困難であるということになります。